バリスタビログ。

一杯の美味しいコーヒーは人を幸せにします。あなただけのコーヒーコンサルタントになりたい!旅好きバリスタが海外で見つけたステキなカフェや、コーヒーについてコーヒーに興味がある初心者さん向けにその楽しさを発信しています。

どのアイスコーヒーがお好きですか?

Good day mate!!!

旅とコーヒー大好きバリスタのTomoです。

そろそろ梅雨も明けそうな暑さになってきましたね。これからの時期はアイスコーヒーがぐびぐび進みます!

今日はそんなアイスコーヒーの種類について。

 

 

アイスコーヒーと一括りに言っても色々な淹れ方がある

f:id:koyaya8:20190725231417j:image

私たちが普段コンビニや、喫茶店やカフェで口にするアイスコーヒーですが、抽出方法が色々違うのはご存知でしょうか?

抽出方法が違えば味わいももちろん変わってきます。

多分1番一般的で私たちがよく飲んでいるのはハンドドリップコーヒーを氷で冷やしたアイスコーヒーではないかと思います。

次に、エスプレッソをお水で割ったアイスアメリカーノ。そして、前に私のブログでも書きましたがCold Brew Coffee(水出しアイスコーヒー)の3種類があります。

 

淹れ方によるそれぞれの特徴

急冷式アイスコーヒー

ホットのドリップコーヒーと同じように抽出してそれを氷で一気に冷やします。この時、氷で薄まってしまうのでホットの時よりも濃いめに抽出します。

大抵はペーパーフィルターで作ってると思うので、

味に関しては香り高く、コーヒーらしいビターさがありキリッとした味わい。

 

アイスアメリカーノ

エスプレッソを水で割ったもので、急冷式よりもコクがあるけどさっぱりした味わい。

エスプレッソは金属フィルターなので、コーヒーの油分もしっかりと抽出されます。そのためさっぱりしているのに、コクを感じれるのだと思います。

 

Cold Brew Coffee(水出しアイスコーヒー)

水出しコーヒーは水にコーヒー粉を漬ける浸漬法と点滴のようにじっくりと水を落として抽出する透過法があります。

低温の水でじっくりと抽出するので、上の2つに比べるとマイルドでコクもあります。

 

コンビニの100円コーヒーの抽出方法はセブンイレブンファミリーマートはドリップ式、ローソンはエスプレッソ抽出のようです。

 

気分によって色々変えて飲んでみるべし!

私はその時の気分によって色々飲みますが、アイスアメリカーノは自宅にエスプレッソマシンがないから作れないので、外ではアイスアメリカーノを頼む事が多いです。また、アイスアメリカーノだとコーヒーがフルーティーでもビターでもどっちの味わいでもあまりハズレない気がしてます。

 

眠気を覚ましたい、スッキリしたいという時には急冷式アイスコーヒーで喝を入れます(笑)

 

じっくりコーヒーを堪能したい時はCold Brew Coffeeと言った感じで飲んでいる気がします。

 

自宅で作る場合、お手軽簡単なのは急冷式や水出しになると思います。

時間がある時や、1〜2人分作るなら急冷式で、

家族も飲んだりして消費率が激しいなら水出しをいっぱい作っておくのがおすすめです。

水出しコーヒー用の専用ポットで作れば、一晩置いて翌朝には出来上がりますよ(^ ^)

 

 

アイスコーヒー用の豆って深煎りが当たり前のようだけど…

市販で売っているものはほとんどが深煎りになっていますが、アイスコーヒー用の豆って深煎りが普通と思っていませんか?

おそらく、氷が溶けて味が薄くなってしまう事を考えてコーヒーらしさが残るように深煎りにしているんだと思います。

が!

そもそもコーヒー=苦いというのが私としてはちょっと違うかなぁと思うので…(苦いコーヒーは多いですが)

今までも何度もブログに書いていますが、コーヒーは元々は果実です。そのため、良い豆には良質な甘みと酸味があります。そしてその豆の個性を活かして焙煎すると、例え深煎りだとしても苦くないんです!!

確かに深煎りならビター感は感じられるのですが、例えるならカカオ70%位のチョコレートのようなほろ苦い甘さでしょうか。その中にほのかに感じる主張しすぎない酸味。

もちろん浅煎りになれば酸味も強くなりますが、淹れ方次第では、アイスティーのようなさわやかなコーヒーになります。

 

「コーヒー=苦い」

 

という固定概念が、本当に良いコーヒーの良さを分かってもらえないのでいつも残念でなりません(;o;)

とは言っても、「美味しい」と感じるのは人それぞれなのでそれは否定しません!

でもアイスコーヒーだからって深煎りじゃなきゃいけないとか浅煎りはダメとかそういう事もないので、自分の好みの味の豆があればそれを使うのが良いと思います♪

ただし美味しく淹れるためのレシピは重要ですよ!

 

そして、来月からやっと新しい講座の“美味しいアイスコーヒーの淹れ方” ワークショップを始めていくつもりなので、その中でアイスコーヒー用のレシピや淹れ方による違いの説明をします(^ ^)

f:id:koyaya8:20190725231352j:image

ワークショップでは急冷式で行います。

日時が決まったらまたアップデート情報をお知らせしますので興味のある方は是非ご参加下さい〜!

 

オーストラリアでアイスコーヒーを頼むと!!?

日本ではアイスコーヒーと言えば、上で紹介したような、ブラックコーヒーに氷が入ったものですよね?オーストラリアでアイスコーヒーをオーダーすると。。。

 

f:id:koyaya8:20190725213725j:image

こんな感じで出てきます!

カフェラテにアイスクリームとホイップクリームがのってます。

なので、オーダーする時は要注意!

デザート感覚でこれはこれでとっても美味しいですが、もし普通のブラックのアイスコーヒーが飲みたい時は、Cold Brew CoffeeとかCold Drip Coffeeとかフィルターのアイスと言ってオーダーすると良いです。

コーヒーに特化したお店ではなく、普通の街のカフェだったらそこまでドリンクメニューが揃ってないかもしれません。

その場合でもおそらくアイスアメリカーノならあると思うので聞いてみてくださいね!

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

 

Cold Brew Coffeeについての記事はこちら

koyaya8.hatenablog.com